<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あきのさくら ~秋桜②~

お花は、なぜか女性を連想させる。

彼の撮る写真は、いつも白黒でシャープで洗練した女性をイメージさせる。多分彼は女性を自分好みに変心させてしまう...そんな写真。
d0266714_14204459.jpg



花の写真は、撮る人の好みや付き合いかたまで、何だか分かってしまいそうな…


沢山咲き乱れる中から、たった一輪を探しあて、遠くから見つめる。
多分好みがハッキリしてて、迷いがない。
d0266714_14213317.jpg

d0266714_204101.jpg



マクロでお花を撮り続ける人。ガンガン攻めて攻めて、一途に想い続ける。君しか見えないと言わんばかりに…
注)この写真はマクロじゃないです。マクロ持ってないので…
d0266714_14275294.jpg



でもやっぱりコスモスは、ぼわわ~んと淡く群生させて撮るのが、コスモスらしいような気がするな…。
d0266714_14242915.jpg
d0266714_14242453.jpg
d0266714_14245788.jpg




この写真だと、女性なら誰でもいい的な写真かなぁ…(笑)
[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-29 10:40 | コスモス

写真における抽象絵画的表現(なんちゃって写真)

美術館での常設展でよく見かける抽象画。作者の意図を探るべく題名を見ると…

d0266714_1520422.jpg
コンポジション Ⅰ

(これは門扉についたただの錆です。錆が好きなので…)





コンポジションとは、構図もしくは構成の意味。美術では、対象の再現性を放棄した抽象絵画に使われる。
見て感じろということか…
私の抽象画のイメージは、上記写真のみたいなイメージ。

(注:抽象絵画に見識があり、こよなく愛してるという方が、これを見て気分を害されたなら、申し訳ありません。別に抽象画を軽んじたり愚弄してる訳ではありません。)

d0266714_1520364.jpg
コンポジション Ⅱ
(鉄柱に残るポスタ-跡。縦に撮った物を横にしてます)
d0266714_15211238.jpg




コンポジションⅢ
(煉瓦に書かれたペンキの落書き)








日常に隠れたアートを探すのは楽しい。いい写真とは言えないかもしれないが・・・

d0266714_15214594.jpg





キュビスム
(正確にはキュビズム風)



















写真でのキュビスム作品というと、ディヴィット・ホックニーのコラージュ写真を思い浮かべる。でも彼は写真家ではなく画家。何処までの加工が許され、芸術写真と評価されるのか。アートと写真の境界線を探ってます。
[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-25 08:38 | 美術

あきのさくら ~秋桜①~

最近、「見かけと違って男性的写真を撮る」と言われて、あまり言われ慣れない男性的という言葉に思わずニンマリしてしまった。でも女性的ともあまり言われないなぁ。。。
深く追及するのは止めて…

リアルな私を知らない方が、「男性か?はたまたお姉かF9A8.gif」と誤解なさってはいけないので、女性的な写真をUP!


<2010年>
d0266714_1459191.jpg

この年の秋にデジタル一眼を買って、夢中で撮った写真。

<2011年>
d0266714_151298.jpg

空の色にこだわってPLフィルターをつけて撮った写真。

そして今年は…
d0266714_157443.jpg

一眼独特のボケを出すべく苦戦中です。またリベンジしてコスモスアップします!
[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-23 17:54 | コスモス

変化

何気ない日常を過ごすなか、時間の経過をまざまざと感じさせられる瞬間はないだろうか。

たとえば、昔よく遊んだお友達が、久しぶりに会うとビックリする程大きくなり、劇的な変化を遂げている。もしくは子供の同級生が暫く見ない間に、素直そうなあの子が…何だか変わっちゃったな的な。


二年前に撮った東京タワーは、こんなにも素直な感じで…
d0266714_21163197.jpg


最近撮った写真がこれ 
d0266714_12124138.jpg

<見下ろす>


仁王立ちで、見下ろされてるような感じでしょ?
それとも、スカート覗き見ちゃった的な感じかな?

でもこんな天気に写真撮るものじゃないね。。。


東京のシンボルとしての立場を、譲り渡した東京タワー。
また何年か後違った表情を引き出せるか、また撮りたいと思う被写体の1つです。
[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-16 11:40 | 鉄骨

撮影実習 (江戸東京たてもの園)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-10 14:18 | 写真教室

個性~切り取り方~

思いがけずお出かけ先で、素敵な被写体に出会えたとき、
水着のお姉ちゃんを目の前に、鼻の下を伸ばすカメラマンのように、
「いいね~いいね~」
なんて声はかけないけど、夢中になって撮っちゃう。

階段の上から・・・
d0266714_12552752.jpg

階段の下から・・・
d0266714_21392651.jpg


ここで先生のお言葉が・・・

         「写真に説明はいらない」

ということは・・・

こんな感じがいいのかな
d0266714_1581636.jpg

それともここまで切り取ちゃう?
d0266714_1511369.jpg


最近写真をアップする際に、なんだか迷ってしまう。
「好みで決めりゃーいいの!」
って、お言葉が聞こえてきそう・・・


自分らしい写真・・・
写真の切り取り方を含め、自分らしさが確立せず
なんだか模索中です。
[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-07 15:27 |

気になる

心惹かれる被写体は、いつ通りかかっても何だか気になる。

ニ、三年前に撮った写真
d0266714_18504778.jpg

<時間の傷跡>



同じ被写体を最近撮った写真
d0266714_18512046.jpg

<浸食>


写真教室に行って、確実に変わった写真。
同じ被写体を追いかける撮り鉄さんの気持ちが、ちょっと分かった気がする・・・かな。
[PR]
by nicorin1111 | 2012-10-03 19:57 | 建物